profile

2015RYOTARO-m

今井 亮太郎 Ryotaro Imai

BossaNova・Samba ピアニスト
オルガン奏者
鍵盤ハーモニカ奏者
作曲家・編曲家
プロデューサー

1979.1.16生まれ A型  やぎ座
神奈川県 平塚市 出身

BossaNova、Sambaのピアニスト・オルガン奏者・鍵盤ハーモニカ奏者・作曲家・編曲家・プロデューサー。神奈川県平塚市出身。

ブラジル音楽専門のピアニスト・オルガン奏者奏者として、日本各地のイベントやライブ、レコーディングに参加。テレビやラジオにも多数出演中。

リオデジャネイロで学んだブラジル音楽をベースに、地元である湘南の明るく自由な空気を掛け合わせて独自のスタイルを築き上げており、ブラジルのトップミュージシャンからの評価も高い。ピアノを楽しく鳴らしながら観衆の心をあたたかくつつみ込むピースフルな演奏が人気を博している。

2013年、2014年と2年続けて地元・平塚市民センター大ホールでの1,000名動員のコンサートを成功させた。このコンサートでは、収益の一部より平塚市の全小中学校に絵本を寄贈している。また、横浜市立飯田北いちょう小学校校歌の制作(作詞・作曲)や、平塚市のプロモーション映像の音楽を担当するなど、活動は多岐に渡っている。
プロデューサーとしての評価も高く、赤羽泉美&亀井恵『ホワイト・ボッサ〜Sweet Bossa Cafe〜』をはじめ、数々の作品を送り出している。

2011年、自身の主催するマランドロレコードよりインディーズアルバム『湘南−リオデジャネイロ』をリリース。2013年1月、満を持してのメジャーデビュー・アルバム『ピアノ・サウダージ -featuring Izumi Akahane-』を日本コロムビアよりリリース。気持ちが熱くなるSambaから、せつなさ溢れるバラードまで、演奏家のみならず、作曲家としても広い認知を得た。その年の夏、7月3日には早くもメジャー2ndアルバム『ピアノ・ジョビン』をリリース。自身のルーツであるアントニオ・カルロス・ジョビンのナンバーを、ピアノ1本だけで奏でて、ピアノによるブラジル音楽の魅力を世に示した。2014年3月には今まで以上に強烈なダンスチューンを中心にした3rdアルバム『ピアノ・バトゥカーダ』をリリース。命の鼓動のようにピアノを響かせる独自の奏法で情熱的なサンバ・ボサノバを奏でた。2015年5月にはメジャー4作目となる『コバルト・ダンス』をリリース。紺碧の空と海に向けて情熱的なピアノを奏で、ブラジル音楽界に大きなウェーヴを巻き起こしている。
そして、2018年6月20日に待望のベストアルバム『今井亮太郎 ザ・ベスト〜リオデジャネイロ→東京〜』をリリース。

2019年からは、ハモンドオルガン奏者としての活動も開始。往年の名オルガン奏者ワルター・ワンダレイを彷彿させるプレイは大きな話題となっている。

作曲、演奏、プロデュース、ステージパフォーマンス……いずれもその勢いはとどまることを知らない。

 

»裏プロフィール

▲ Page Top